Media

2013年11月15日 bitsインタビュー

bits_111513_Interview_Miyu

(以上、bitsより転載©bits)

2013年10月28日

 

Indie Week Report Card: Miyu @ Czehoski 72%

By: Josh Parsons Oct 29, 2013

Miyu

(Photo by @MylesHerod)

Sound 3/5

Although you’d never guess it, Tokyo’s Miyu has been fronting punk and rock bands for years. For indie week, she brought here ever-so-quite solo work, displaying a skill for rock ‘n’ roll song writing in an acoustic setting. It was catchy and the jingle bells on her ankles provided a refreshing alternative to the loudness wars of Indie Week. On the other hand, she was perhaps a bit too quiet to stand over the drunken roar of the bar.

Performance 3/5

Miyu began her set by draping a banner across the front of the stage that dubbed her a “Rock ‘n’ Roll Witch.” I wasn’t sure what to make of that and her set didn’t seem to reflect anything witchy, at least by North American standards. She was, however, quite well rehearsed and tackled her songs with confidence and precision.

Professionalism 3/5

She walked on to the stage with a beaming smile and readily thanked the audience for attending. She was clearly very grateful for the small crowd in attendance and for that she deserves substantial respect. However, she made a large blunder when she broke a string and, lacking a replacement guitar, had to waste precious showcase time restringing her only guitar on stage.

Aesthetic 4/5

Although I’m not familiar with the “Rock ‘n’ Roll Witch” trend, Miyu certainly knew how to distinguish herself on stage. The jingle bells on the ankle were wonderful and worked practically as well as stylistically. I really dug the fuzzy hat too.

Authenticity 5/5

Miyu’s performance was filled with good vibes and honesty. Although she was playing to unfamiliar faces, she never showed a lack of confidence and respect for her audience. She is an honest musician clearly making an honest attempt and sharing her art with those who care to listen.

Total: 18/25

Final Grade: 72%

Josh Parsons is a baker, beer maker and philosopher. He also likes to blog, too. You can follow him on Twitter @ParsonsAles. Don’t forget to also follow Toronto Music Scene @TorontoMusic.

 

 

Inteview and Live Report in Toronto:J rocker Fun club U.S.A

Jrocker FanClub U.S.A. 日本の音楽.

Japanese Rock and Visual Kei Music News Magazine

ソロでのトロント遠征インタビュー記事掲載(indie week Canada)

Jrocker

 

 

 

10月 31, 2013

インディーミュージックの祭典・indie WEEK出演 ソロミュージシャン、Miyuさんインタビュー

伝説的ロックバンド THE DOORSのドラマー John Densmoreさん

伝説的ロックバンド
THE DOORSのドラマー
John Densmoreさん

10周年を迎えたindie WEEKが10月16日から20日にかけてトロント市内各所で行われた。世界各国から250を超えるインディーズバンドの参加する今音楽フェスティバルだが、今年からインディーズフィルムフェスティバルのRiFFも新たにイベントプログラムに加えて、一層熱くインディーズシーンを体感できることとなった。今回はindie WEEK、RiFFともに1965年から1970年代初めに活躍したアメリカの伝説的バンドTHE DOORSのドラマー・John Densmoreさんをスペシャルゲストに迎えての講演会なども行われ、フェスティバル全体にアニバーサリー感が漂っていた。
そして今回のindie WEEKには、今年の6月に開催されたNXNEに参加した日本のロックバンド、Round Faceのボーカル・MiyukiさんがソロプロジェクトでMiyuとして参加。全部で4ステージのパフォーマンスを披露した。今回TORJAでは、ステージ後のMiyuさんにお話を伺った。

初めてのindie WEEK

Victory Cafeのステージに立つMiyuさん

Victory Cafeのステージに立つMiyuさん

私は今回がindie WEEK初参加ですが、以前からindie WEEKのことを聞いていて、ずっと参加したいなという思いを持っていました。NXNEはまさにお祭りという感じで、勢いの良いバンドが多かったのですが、今回のindie WEEKはバンドでありながらも、楽曲のアレンジや調の構成などの作り込みが結構されているように思います。コンテストもあるので、その賞を狙っているバンドも多いみたいです。NXNEとは少し雰囲気が違うように感じますね。
このindie WEEKにも6月のNXNEに出演した時のバンドで参加しようと思っていたですが、メンバーの都合が合わず、フェスの本部に相談したところ、ソロでのアコースティックスタイルの参加も可能だということで思い切って来ました。ソロでの海外公演は今回が初めて。日本出発直前になって正直気が引けてしまったのですけど、トロントに来てからはやりきって帰るのだという思いになりました。そうして迎えたindie WEEK。バンドだと音を出してしまえばいつもの自分になれるのですが、今回ばかりは自分に魔法をかけるような心持ちでした。お客さんも、バンドの場合はグルーヴがあるので自然とノッてくれるのですが、アコースティックは割と聴かせるスタイルの音楽ですから、「自分で持っていかないと!」ということを今回体感して、それがとても良い経験になったと思います。

バンドがソロでの音作りにも影響を与えている

ソロではアコースティックギターを使った、ギターと歌という一番シンプルなスタイルで活動しています。ライブの時には生ギターですが、録音の時には打ち込みもしています。コンセプトなどはバンドとソロで基本的に変わらないのですが、やはり私自身にバンドの時の音の感覚があってリズムを入れたいという思いがあり、ソロでもフットベルを入れたりしています。この体全体で演奏できる感じは、大変ですけどおもしろいのですよね。アコースティックで歌うというと、どうしてもフォークのようなイメージが自分の中に今まであったのですが、もっとノれるものを作りたいという思いで現在試行錯誤しています。

音楽をやる原動力は「瞬間の歓び」

私は15年以上音楽を続けていますが、楽しいのはライブの間と終わった時、そして曲ができた時が一番で、それまでの工程は大変でとても長いものです。時間の長さじゃなく、瞬間の歓びの方が強くて、しんどくなってもその瞬間を思い出すとまたやりたくなって、クセになっちゃうのですよね。


Miyu(みゆ)
日本人のギタリストでシンガー、ソングライター。ロックバンドRound Faceとしても活動しており、現在は東京を拠点に活動を行っている。ロック音楽を愛し、海外公演も積極的に行っており、数年前にはアメリカツアーを敢行、トロントでも今年6月のNXNEでRound Faceとして公演を行っている。今回のソロ公演ではソロアルバム『Rock’n Roll Witches』を引っ提げてのステージを披露。

(以上、Torjaより転載 ©Torja)

 

2013年6月

NXNE in Toronto,Canada

NXNE/North by Northeast出演バンド Round Face & FUえふゆー

roundface_fuefuyu


テキサスで開催されている世界最大の音楽見本市South by Southwest(SXSW)の姉妹イベントであるNXNE(North by Northeast)が6月10日から16日に開催された。出演バンドはカナダ国内を中心に海外からも集まり、今年の総出演バンド数は1000組を超えたという。日本からは今回、センチメンタルロックンロールバンド「Round Face」とオペラのようなその独特の世界観で海外でも評価の高い「FUえふゆー」の二組が参加、この二組にインタビューを行った。

Round Face

「今回のバンドメンバーは普段日本で活動している時のメンバーではなく、このNXNEのために声をかけて集まったメンバーで、オリジナルメンバーは私(Miyuki, Vocal&Guitar)だけです。それぞれが別のバンドで長年活動してきているので、このメンバー構成は傭兵部隊とでもいった感じですね(笑)私自身は、一時期アメリカでツアーを行っていた時にカナダの音楽フェスティバルのことを知り、2006年ごろからCMWやNXNEに参加するようになったのですが、他の二人は今回が初めてのNXNE、トロントです。
北米のオーディエンスの反応は本当にダイレクトで、演奏を通して学べるもの、もらえるものはとても多く、演奏をしていて楽しいです。曲作りについては、今まであまり日本用、海外用とで違いを意識したことはなかったのですが、このメンバーでの曲作りを通して、海外では何か一本筋を持って、難しく考えないで作っていく方が良いのかなと思うようになったということも大きな発見でしたね。」

FUえふゆー

「僕たちは今回が2年連続、2度目のNXNE出演です。今回は、事前チェックや昨年の演奏の評判を元に僕たちを目当てに来てくれる人もいて、中にはCDを全種類買ってくれる人もいました。トロントは日本のように『ライブハウスは日常とかけ離れた場所』といった空気がなく、敷居が低くて、音楽に触れる機会が多い街だと思います。とても居心地が良いですね。
『FU えふゆー』というバンド名は、『From Unconsciousness (無意識から)』『 For U (あなたのために)』『 From the Universe (宇宙から)』などを意味しています。僕たちの音楽はかなり特殊なので、日本だけでなく海外でも特殊扱いなのですが、海外の場合はその特殊をそのまま受け入れるのですよね。違うということを、そのまま受け入れる。でも日本では受け入れるにはある程度の時間が必要だったりしますよね。僕たちは全世界、どこにでも行ける機会があれば行きたいと思っています。『海外で活動したい』というよりも、聴いてくれる人がいる場所で演奏がしたいという感じですね。日本が嫌だということではありませんよ(笑)」

roundface_fuefuyu_2

(以上、Torjaより転載©Torja)

bits LOUNGE Editor’s Blog

http://www.bitslounge.com/report/nxne2013 

真夜中までイベント三昧NXNE!

1,000組以上のミュージシャンによるライブを筆頭に、映画、コメディ、そしてアートパフォーマンスをトロント市内各所で展開する、夏最大のフェスティバルの1つNorth by Northeast(NXNE)に行ってきました!
6月10日より7日間にわたり開催されていたイベント。ダンダス・スクエアをはじめ、ダウンタウンのライブハウスやバーで夜遅くまで観客が行列をなしていたのを目にした人も多いのではないでしょうか?
夏の訪れを喜ぶかのように、観客の中にはここぞとばかりにクレイジーにはじけている人も少なからず…。
編集部もそんな地元の人たちに混じって、NXNEを楽しんできました!

bitsnxne2013a

 

▲ダウンタウンにあるバーMAY(876 Dundas St. W.)での「Round Face」

「Round Face」は重厚なギターサウンドと力強いボーカルで観客を魅了。約1時間にわたるエネルギッシュなライブを終えたボーカルのみゆきさんは「街中が盛り上がるイベントに念願叶って今回参加できたことをうれしく思っています。トロントの街も6年振りでしたが、住んでみたいと思うくらい居心地の良い素敵な場所でした」とコメントをしてくれました。
秋にトロント公演を行なうかもしれないとのことで、そちらも楽しみです!

(以上、bitsより転載©bits)

 

6/29/13

MCB at NXNE 2013! by Sue Static; photos by Peter Schorn/RockOutShots.com

MCB at NXNE 2013! by Sue Static; photos by Peter Schorn/RockOutShots.com

The 19th North By Northeast (NXNE) Festival is known as the “Music, Film, Comedy, Art and Interactive Festival” and this year was the biggest festival yet! The ever-expanding festival has now included Art to its’ many offerings, making it a complete audio/visual event!

The Canadian version of sister festival South By Southwest, NXNE was held June 10-16 in over 60 clubs and venues in downtown Toronto. The week of live music featured over 1000 bands, a dozen of independent films, 65 interactive seminars, the second year of comedy showcases, and for the first time ever-art showcases held at various locations around town. And that wasn’t all, other features included an indie label record and zine show and a boat cruise. Free concerts in the Yonge – Dundas Square featured music by such eclectic acts as Social Distortion, The National, Billy Talent and Ludacris. Yonge Street, the busiest street in the city, was closed off to accommodate the crowds.

We arrived on Thursday in the nick of time to see the band Social Distortion rock the enthusiastic crowd that braved the rainy weather to watch these early ’80s punks play their hits in the Yonge – Dundas Square.

Friday night’s standouts were the Japanese power trio RoundFace. Led by the awesome guitarist/vocalist Miyuki Hinuma, formerly of the all-female trio Megababe, RoundFace rocked the small crowd at club May. It was too bad more people didn’t attend this showcase as RoundFace brought the rock and even delighted the audience with their cover of the Beastie Boys’ “You Gotta Fight For Your Right (To Party)” that had them singing along.

(©Sue Static,Sue Summers)

Peter Schorn

Rock Out Shots – Peter Schorn

アメリカ、デトロイトのフォトグラファー、Peter SchornによるPhoto掲載2013年6月 NXNE,トロント、カナダ)

RoundFace – NXNE | Flickr – Photo Sharing!

 

 

Copyright©Office Marugao Japan All right reserved.